外壁塗装に関する情報が満載です!

外壁塗装に使うスプレーについて

外壁塗装に使うスプレーについて 外壁塗装のときに使うスプレーガンには、エアーと、エアレスの2つがあります。
エアの方は空気を圧縮して噴出するときに、塗料も一緒に噴出するというものです。
この方法は塗料を沢山噴出することができる一方、必要のないところにも塗料がついてしまいますので無駄な塗料を使う事になってしまいます。
一方、外壁塗装用のエアレスの方は、レスがつきますので、空気は使わない方法ということになり、塗料だけを圧縮して噴出するというものです。
空気を使わない分塗料にそのまま圧力がかかるので、塗料がたくさん出るということはエアーと同じですが、余分なところへ塗料がつくということが少ないというメリットがあります。
スプレーガンの上部に塗料を入れるカップがついているものは、重力方式といい、下部についているものを圧送式と呼びます。
別のタンクに入れるものは圧送式と呼ばれそれぞれ特徴が異なっています。
スプレーを使うメリットは、作業がとても早く済むということと、塗装面の仕上がりがとても綺麗だということです。
人件費もかからないので安価で済むのもメリットです。

吸引してしまうと危険な外壁塗装材

吸引してしまうと危険な外壁塗装材 吸引して危険な外壁塗装は、VOC(揮発性有機化合物)が多く含まれている塗装です。
溶剤にトルエンやキシレン等のVOCを用いた溶剤系塗料は環境にも悪いですし、人体にも悪いです。
また、外壁塗装やDIYにも用いられるラッカー薄め液は、エポキシ系とウレタン系があります。
特に吸うと危険なのはエポキシ系です。
溶解度が高い分、ウレタン系で薄められないものも薄めることができます。
しかし、多量に吸引すると、シンナー中毒になります。
また、水性塗料でも油性塗料に比べればにおいが少ないですが無害ではありません。
依存性に関しては覚醒剤や麻薬よりは軽いと思われがちですが、実際は同じような依存性を持っているので危険です。
また、鼻や口から入るだけではなく、油脂にも溶ける性質があるので、皮膚からも入り込みます。
これらを防ぐためには、水性塗料にしてもらい、尚且つマスクを着用するようにしましょう。
作業に関しては、長袖長ズボンで作業しましょう。

新着情報

◎2018/10/10

外壁塗装は雨漏りを防ぐ
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

外壁塗装によるアレルギー
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

外壁塗装に使うペンキについて
の情報を更新しました。

◎2017/11/9

外壁塗装に使うスプレー
の情報を更新しました。

◎2017/10/6

サイトを公開しました

「外壁 スプレー」
に関連するツイート
Twitter